***TIMのプリペイドSIMにMyTIMからリチャージする方法***


2.ブラウザーからtim.it→MyTIM→ID(メアド)とパスワードを入力→ENTRA
イメージ 3


3.RICARICA SUBITO:クイックチャージ;
イメージ 1


4.Importo:入金額を4€-50€から選択(料金リストはしばしば変更される)
※Ricarica+は入金額の一部がキャリアメール使用料に回されるので選択しない。
NumeroとConferma il numeroにリチャージするSIMの電話番号(3から始まる10桁の数字)
Carta di credito:選択
※PayPalを選択するとエラーになる。日本発行のカードにリンクしているのが理由。
Carta di credito Estera:海外発行カード;にチェック
カード会社選択、カード番号(スペースなし)、認証番号(カード裏)、所有者名(カード表記)、有効期限(月・年)→CONFERMA AQUISTO:購入確認;
イメージ 4


5.各カード会社の認証画面に従う。この例では、Vpassパスワード、もしくは、ワンタイムパスワードを入力→送信
※パスワードアプリは三井住友カードであり三井住友銀行ではない。
イメージ 2
VISAの場合、有効なVpassのパスワードを入力しても「パスワードが間違ってます」の表示が出た場合はワンタイムパスワード(アプリ)が登録済みになっている可能性がある。ワンタイムパスワードを使えるようにしたい場合は、PlayストアかApp StoreからOne Time Passをインストールすればよい。詳細はこちら

6.

※現地時間の深夜や祝祭日などシステムメンテナンスの為に直ちにリチャージ残高に反映されない場合がある。特にクリスマスの週から年末までの期間は要注意。約款上は48時間以内に適用されるとなっている。


よくまあこんなに簡単な事を判りづらく書けるものだと感心するe-Taxの入力方式による納税手続を簡単に解説。

1.SMBCダイレクトへログイン→Pay-easy

2.収納機関番号は00200→次へ

3.納付番号と確認番号にそれぞれe-Taxの利用者識別番号と納税用確認番号、納付区分に納付目的コード(*1)→次へ

*1:納付目的コードの作り方は入力方式による納税手続参照。
例:3205429なら順に、320申告所得税、5修正申告、4平成、29年度の意。

4.払込金額→次へ

5.ワンタイムパスワード→払込実行

6.結果を印刷→ログオフ

なんで?と思うほど検索数が多いので準備することに。

フロントは、メンバー中央部に藤壺というかプリンというかそんな形の出っ張りがあるので、そこにジャッキのカップを当てる。

前輪左右に2x4の板を置いて乗り上げるか、パンタグラフをリフトの支持点に咬ませて片側だけ持ち上げるかして高さを稼いでからジャッキを滑り込ませる。傷つくのが嫌なのでカップに丸ゴムシートを敷いている。
イメージ 1ⒸNISSAN


リアも車高の上げ方はフロントと同じ。デフケースにカップを直接当てるとツメでクラックが入りそうな予感がするので、面で持ち上げる為に当て木をしている。
イメージ 2ⒸNISSAN

当然のことながらリフトの支持点かキールに馬を咬ませる。これまた傷が付くのが嫌なのでリフト用のゴムパッドを咬ませている。写真は後日。

↑このページのトップヘ